タイトルロゴ

催眠音声レビューサイト【サイオン】

【アダルト音声】『ナースたちの集団痴療~快楽地獄に堕としてあげる~』レビュー

ナースたちの集団痴療~快楽地獄に堕としてあげる~


 今回は6人から同時に責められる上に、射精管理…という、Mだったら垂涎のシチュである1作『ナースたちの集団痴療~快楽地獄に堕としてあげる~』のレビューをお送りします。

 【設定】
 あなたは早漏の治療という事で、痴女ナースから責め立てられます。もちろん、射精は指示があるまで禁止。カウントダウンを何度も繰り返して、あなたを追い詰めます…。

 【特徴】
 言葉責め、アナル、右乳首、左乳首、右耳、左耳…と6つのパートをそれぞれのキャラが担当し、最後には全員で攻め立てる…というハーレムシチュエーションに尽きます。アダルト音声でしか体験できないと言ってよいでしょう。

 【声優】
 とにかくエロいナース6名を、柚木桃香さんが演じ分けています。

 【気になった点】
 個人的に耳に息を吹きかけた時の『マイクのガサガサ音』と、編集があからさまに分かってしまうポイントが1つあったのが気になってしまいました…。

 【まとめ】
 射精管理+6人がパート毎に責め、最後には全員同時+オナニー自体は自分で行う…
 という要素だけをみると、以前レビューした
 『射精で遊ぶ6人の少女~同時舐め尽くし寸止めバイノーラルオナサポ~』
 の作品をどうしても連想してしまいます。



射精で遊ぶ6人の少女~同時舐め尽くし寸止めバイノーラルオナサポ~

 なので、個人的にはこのような『複数人から責められての射精管理』というのは大好物です。

 特にこの作品では、他の作品にはないちょっとした意地悪な特徴があります。
 それは、『カウントダウンが終わったのに、責めるのを止めてくれない』というもの。最初は、カウントダウンがストップして1秒程度だったので『編集の誤差かも』と思っていたのですが、耳なめの時にはカウントダウンなんて関係ない…とばかりに責めだけが続くシーンがあります。
 『カウントダウンが止まれば、そこで全てが止まる』と思っていたので、思い切りやられてしまいました。このゾクゾク感は1度味わって損はないでしょう。

 ただ、作品の途中途中に『粗い』所があるのも事実です。
 特に、編集のブツッとした音が聞こえるシーンや、耳に息を吹きかけるシーンでは、マイク特有のガサガサ音が入っており、その部分に差し掛かると現実に意識が戻ってしまいました。

 『射精で遊ぶ6人の少女~同時舐め尽くし寸止めバイノーラルオナサポ~』は、全体的にソツが無い、ハイクオリティな作品。
 今回の『ナースたちの集団痴療~快楽地獄に堕としてあげる~』は、+-の幅が大きいものの、良い所はトコトン良い!という作品でしょう。

 是非、2作品聞き比べてみるのはどうでしょうか?



ナースたちの集団痴療~快楽地獄に堕としてあげる~
ナースたちの集団痴療~快楽地獄に堕としてあげる~


射精で遊ぶ6人の少女~同時舐め尽くし寸止めバイノーラルオナサポ~
射精で遊ぶ6人の少女~同時舐め尽くし寸止めバイノーラルオナサポ~




☆関連記事
 (複数人から責められるのが好きな人は…)
 ○『女王様ゲーム!』レビュー
 ○ 『魔境人境淫語 人外娘と痴女の囁き Vol.6 フェラチオ・スペシャル』レビュー

【アダルト音声】『早漏クリニック~終わらないバイノーラル我慢治療~』レビュー

早漏クリニック~終わらないバイノーラル我慢治療~


 今回はかなり特徴的な1作『早漏クリニック~終わらないバイノーラル我慢治療~』のレビューをお送りします。


 【設定】
 早漏治療のために病院を訪れたあなたは、防音設備のある病室に入院する事になります。そこで行われるのは、治療という名目での射精禁止の快楽責め…。
 手コキ、耳なめ、オナホ、フェラチオを楽しむことができます。

 【特徴】
 とにかく耳なめが特徴の1作。全てのプレイに耳なめがあり、これがとにかく素晴らしい感じでした。

 【声優】
 ドSな女医・看護婦を小粋さんが演じ分けています。

 【気になった点】
 編集がかなり大雑把に感じました。
 ぶつ切りのような点が何度もあり、そこがノイズに感じてしまいました。

 【まとめ】
 正直な事を書きましょう。
 最初、導入パートを聞いた時に思ったのは
 『かなり編集が荒いなぁ』
 というマイナスの印象でした。音声の編集のつなぎ目や、マイク録音特有のノイズが聞こえてしまい、作品の世界に没頭する前に、そこが気になってしまったのです。

 ただ、そのマイナス点を大きく上回る所がありました。
 耳なめです。
 この作品、ほぼ全てのプレイに耳なめがあるのですが、そのクオリティが半端じゃありません。

 単に舐めるだけではなく、耳全体を犯すような感じのハードなもので、バイノーラル録音のおかげで臨場感もしっかりしています。この部分に関して言えば、マイク特有のノイズに関しても『リアル感』に繋がり、プラスに働いていました。
 とにかく、この部分に思い切りやられてしまいました。

 またごくごく個人的な所ですが、自分の中での上位作品『ささやき庵 牡丹』と同じく、小粋さんが声優を担当しているところも高ポイントです。

 耳なめが好きな方なら、まず問題ない1作です。
 2月6日までは半額なので是非!



早漏クリニック~終わらないバイノーラル我慢治療~
早漏クリニック~終わらないバイノーラル我慢治療~

☆関連作品
 (耳なめ作品が好きなら)
 ○【アダルト音声】『メイドさんの耳犯し』レビュー
 ○【アダルト音声】『ささやき庵 樹奈子 弐【超リアル仕様】』レビュー

【アダルト音声】『サキュバスの甘い吐息とささやき』レビュー

サキュバスの甘い吐息とささやき


 今回は当ブログで何度かとりあげている、サークル『うんどうぐつスタジオ』からの1作『サキュバスの甘い吐息とささやき』のレビューをお送りします。


 【設定】
 勇者であるあなたがサキュバスの3姉妹に捕まり、なすがままに責められてしまう…『サキュバスの甘い罠』。
 トレジャーハンターであるあなたが、サキュバスを自分の物にしようとアイテムを使って挑むけれど最終的には責められて…という『元姫と使い魔の大冒険』の2つを楽しむことができます。
 どちらもサキュバスからの複数人の責めを楽しめます。

 【特徴】
 サキュバスという設定ならではの『現実では考えられない、突き抜けたエロ』を楽しめます。詳しくは、まとめにて…。

 【声優】
 サキュバスの長女を秋乃れんさん
 次女を彩瀬ゆりさん
 三女をゆづきひなさん
 サキュバスに捕らわれた姫を椎那天さんが演じています。

 【気になった点】
 音の位置関係が分かりにくい…というのが気になりました。
 時々『これはどこを責めているという設定なのか?』という事が分からなくなってしまい、そこが若干のノイズに…。

 【まとめ】
 この作品を出している『うんどうぐつスタジオ』に関しては、今まで3作のレビューを行っています。今回で4作目。つまり…個人的には、かなりお気に入りのサークルなのです。

 その理由を1つ挙げるならば、
 『世の中の常識や物理法則よりも、エロイ事が優先!』
 という潔いスタンスに尽きます。

 例えば以前レビューした
 『熟女コア☆美熟女たちのエロ淫語』では、特にストーリーらしきものはなく、始まって数秒で
 『発情した美熟女3人から同時に責められる』という、振りきれた展開から始まり、最終的には『3人に同時に挿入して、3人のあえぎ声が多重に聞こえる』という頭に思い描く事も難しい所まで突き抜けます。
 もちろん、普通に考えれば『そんな事は出来ないだろう』で終わってしまうところですが、それよりも『3人同時に挿入して喘いでいたらエッチ』という部分を優先している所がとにかくエライと思うのです。

 今回の作品にも、そのテイストがしっかり組み込まれています。
 今回は『エッチの際の密着感』がそれに当たると感じました。
 この作品
 『勇者が姫の前で3人のサキュバスから責められる』⇒『快楽堕ち』⇒『姫とエッチをしながら3人のサキュバスから責められる』という展開があるのですが、素晴らしいのは最後の展開。
 姫とエッチをしながらも、3人のサキュバスは自分の左右前後にべっとりまとわりつき、あちこちを舐めまわす…と言う事になっています。当然ながら、実際にはこんな事は不可能で、AVだってあり得ないでしょう。
 かろうじてエロ漫画でありそうな展開ですが、それをこの作品では『体験』する事ができます。そして、更にそのシチュエーションを補強するように『姫の快楽をサキュバスは共有できる』という設定があります。とことんまで『エロさ』に拘っています。

 単純なエロさで言うなら、この作品は今まで聞いてきたアダルト音声の中でもかなり上の方です。
 とにかくエロい物を!という人にはオススメします。


サキュバスの甘い吐息とささやき
サキュバスの甘い吐息とささやき


☆関連記事
 (うんどうぐつスタジオの作品が気になる方は…)
 ○【アダルト音声】『熟女コア☆美熟女たちのエロ淫語』レビュー
 ○【アダルト音声】『ソープランドでミラクル☆ボイス』レビュー
 ○ 【アダルト音声】『おねーちゃんの吐息でオナニー バーチャルオナニーサポート オナサポイド』レビュー

【アダルト音声】『【耳舐め・耳マッサージ】癒やしの旅館 真心亭 さつき編【癒し・素股・手コキ・ハイレゾ】』レビュー

【耳舐め・耳マッサージ】癒やしの旅館 真心亭 さつき編【癒し・素股・手コキ・ハイレゾ】


 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
 今年も不定期更新になるかと思いますが、生温かくウォッチしていただければと思います。
 という事で、今年一発目は新作の『【耳舐め・耳マッサージ】癒やしの旅館 真心亭 さつき編【癒し・素股・手コキ・ハイレゾ】』をお送りします。このブログにしては、非常にタイムリーな作品となっています。

 【設定】
 あなたは癒しを求め、真心亭という田舎の旅館に宿泊します。
 そこで出迎えたのは、長女の園原さつき。彼女はあなたのお世話を担当します。
 差しつ差されつのお酒を楽しんだ後には、特別なサービスが始まって…。
 食事シーンから始まり、耳マッサージ、耳なめ、顔なめ、アナル責め、手コキ、素股、ディープキスなどを楽しめます。

 【特徴】
 旅館に泊まったら、そこの女性と親しくなって…という理想的なシチュエーションが楽しめます。
 また、エロパートのハードさはなかなかのもの。かなりドハマリしてしまいました。

 【声優】
 あなたに尽くしてくれる女性を結姫うさぎさんが演じています。

 【気になった点】
 技術的な問題となりますが、今まで聞いた作品と比べると『耳なめの距離感』がかなり薄い…と感じてしまいました。

 【まとめ】
 個人的にこの手の
 『サービスをしてくれる系』作品が大好きです(こんな分類があるかわかりませんが…)。
 何故なら、自分の頭の中で『サービスと割り切れる』ので、余計なことを考えずに済むからです。

 今回の作品も、そういう意味ですぐに作品内の世界に没頭でき、余計な事を考えずに済みました。

 まずは食事のシーンから始まりますが、ここで『この場所がどんな所か?』『彼女がどんな性格なのか』という情報が自然に差しこまれます。細かいポイントですが、この情報が頭の中にあるのと無いのでは、大違いでしょう。

 次は、耳のマッサージから始まるエロパートへと移ります。
 正直耳周りのパートに関しては、バイノーラル録音の作品を数多く聞いてしまい、少し物足りなく感じてしまいました。特に、耳なめと顔なめの差を感じる事が出来なかったのが、個人的にはノイズになりました。

 ただ、特筆すべきはそのあとのパート。
 こちらを思い切り責めてきます。一番凄いのは、手コキとアナル責めと耳なめを同時に行うシーン。自分が聞いてきたアダルト音声の中でも、これだけガンガンに責めてくる作品はありませんでした。

 最後には素股からのフィニッシュになります。
 この際に『アニメのような射精音』が入り、個人的には少しノイズとなったのですが…これは個人の好き好きでしょう。

 全体からすれば、『癒し』と『エロ』がハイレベルで組み合わされた上質な作品です。オススメです。


【耳舐め・耳マッサージ】癒やしの旅館 真心亭 さつき編【癒し・素股・手コキ・ハイレゾ】
【耳舐め・耳マッサージ】癒やしの旅館 真心亭 さつき編【癒し・素股・手コキ・ハイレゾ】


☆関連記事
 (旅館で…というシチュに興味ある方は…)
 ○【アダルト音声】『癒湯月亭 -恋人コース 美月-』レビュー
 ○ 【アダルト音声】『【耳かき・耳舐め】村の娘の癒し宿【ハイレゾ・バイノーラル】』レビュー

【アダルト音声】『ささやき庵 樹奈子 弐【超リアル仕様】』レビュー

ささやき庵 樹奈子 弐【超リアル仕様】


 2016年もそろそろ終わりです。多分、今年最後のレビューとなるのは『ささやき庵 樹奈子 弐【超リアル仕様】』。このブログで何度も取り上げている、ささやき庵シリーズの1作です。

 【設定】
 あなたは雨でずぶ濡れに…。そこに登場するのは、年上のお姉ちゃんの樹奈子。あなたを自分の家に招いてお風呂に一緒に入ると……。
 お風呂でのイチャイチャ、耳舐め、指示されてのオナニー、触りあいなどを楽しむ事ができます。

 【特徴】
 音声のリアルさが、とにかく突き抜けています。シャンプーやドライヤーをしてもらう場面があるんですが、そこでの音の距離感が非常にいいかんじです。
 もちろんエロ部分にも存分に活用されていて、耳舐めなどは、耳の穴まで舐められているんじゃないか…と思ってしまうほどです。
 また、このような世界観に没頭しやすいために、通常のささやき庵とは違う構成を取っているのも非常に特徴的でした。(この部分はまとめにて…)

 【声優】
 優しくあなたをリードしてくれるお姉ちゃん、樹奈子を西浦のどかさんが演じています。

 【気になった点】
 かなり気に入ってしまった作品なので……あまり欠点が見つかりません(汗)

 【まとめ】
 実はこの作品『ささやき庵シリーズ』だとしっかり認識して買ったのにも関わらず、音声を聞き始めたらあっという間に忘れてしまい、終盤になってやっと思い出した…という変わった経験をしてしまいました。
 それは、この作品の構成によるものです。
 通常のささやき庵は

 1『小町との会話』
 2『夢の中に導かれる』
 3『夢での様々なエッチ体験』
 4『夢から覚めて、現実でのフェラ』

 というパートになっているのですが、この作品に関しては1と2がバッサリ切り落とされ、3からのスタートになります。
 つまり『夢の中での理想的なシチュエーション』からスタートします。そのため、ささやき庵とは違う話のように錯覚してしまうのです。

 ここで重要になってくるのは、作品名にもある『超リアル仕様』な音声です。
 自分が作品の序盤で感じた
 『あれ?これってささやき庵じゃないの?』
 という違和感を、この超リアル仕様が強引に押し切ってゆきました。
 音声がとにかくリアルなので、
 『とにかくこういう世界観に馴染んでしまおう』
 と気持ちを切り替える事が出来ました。

 とにかく素晴らしいのは耳舐めのパート。
 このささやき庵シリーズ、総じて耳舐めが素晴らしい事が多いのですが、その中でも図抜けているような気がします。

 そして、最後の『夢から覚めて、現実でのフェラ』なのですが、これも秀逸です。
 自分はこのパートになって、
 【そう言えばこれは、ささやき庵の話だった!】
 と、唐突に作品の設定を思い出しました。
 よく考えるとこれは、
 【ささやき庵シリーズの主人公がいつも感じている驚き】
 と同じ体験をしているわけで、作品内設定をリアルに再現できています。これは、何気にすごい構成のような気がします。


 この作品から聴きはじめてもいいのですが、個人的にはある程度ささやき庵シリーズを聴いてからの方がオススメです。
 この作品の構成の良さ、クオリティの高さがもっとよく分かるはず。

 1年の最後に、かなり良い作品にあたりました。


ささやき庵 樹奈子 弐【超リアル仕様】
ささやき庵 樹奈子 弐【超リアル仕様】



☆関連作品
 (ささやき庵シリーズに興味があるなら…)
 ○『ささやき庵 牡丹』レビュー
 ○『ささやき庵 琥珀』レビュー
 ○『ささやき庵 蜜香』レビュー
 




最新記事


















他サイト様の注目記事
催眠音声新作
  • ライブドアブログ