タイトルロゴ

催眠音声レビューサイト【サイオン】

2015年04月

『内緒の隠れ家 裏・あまえた樓 夏希 弐』レビュー

内緒の隠れ家 裏・あまえた樓 夏希 弐


 今回は発売されたらすぐに聴きたい!!と思っていた一作、『内緒の隠れ家 裏・あまえた樓 夏希 弐』のレビューです。

 【設定】
 『あまえた楼』の看板娘・夏希の元へ向かい、あなたはいつも通りのイチャイチャした時間を過ごします。
 ですが、夏希は実家の旅館の修業をするために、あまえた楼の仕事を辞め、熊本に戻る…と言いだします。
 熊本に戻った彼女から送られてきたのはボイスレターとパンツ。ボイスレターを聞いてみると…。

 あまえたパートでは、手コキやフェラチオ
 ボイスレターパートでは、疑似的なエッチ
 熊本に会いに行くパートでは、甘々なエッチを楽しめます。

 【特徴】
 『あまえた楼・夏希』シリーズの集大成という所です。今までの夏希シリーズを聞いている方なら、押さえて置いて損はありません。

 【声優】
 元気いっぱいの小町、夏希を野上菜月さんが演じています。

 【気になった点】
 贅沢な悩みかもしれませんが、
 『展開があまりにも早過ぎる』
 と、感じてしまいました。
 何せ、あまえた楼パート・ボイスレターパート・熊本パートと、3本に分けていいぐらいの話だったので…。

 【まとめ】
 裏・あまえた楼でのエロ展開→ボイスレターでの疑似エッチ→熊本に行って、カップルとなった上でのエッチ…と、目まぐるしく展開が変わる1作です。
 親しいとは言え、『客と小町』という関係だったのが、大きく進展してハッピーエンドに終わるのは、シリーズを聞き続けた身としては嬉しい所です。
 このシリーズに関しては、『あまえた楼・夏希』→『裏あまえた夏希』→今作という形で時系列を追って聴いていただく事を強くオススメします。もちろん、この1作から聞き始めても十分に聴けますが、1作目から聴きつづけた時のタメがあると、この作品の価値がグッと上がります。


<内緒の隠れ家 裏・あまえた樓 夏希 弐
内緒の隠れ家 裏・あまえた樓 夏希 弐


☆関連記事
 ○『和み隠れ家 あまえた楼 夏希』レビュー
 ○『内緒の隠れ家 裏・あまえた樓 夏希』レビュー
 ○ 『ささやき庵 蜜香』レビュー

『ほろ酔い彼女は焼きもちさん』レビュー

ほろ酔い彼女は焼きもちさん


 今回は『ほろ酔い彼女は』シリーズからの1作『ほろ酔い彼女は焼きもちさん』のレビューをお送りします。このシリーズは2作目ですが、結構気に入ってます!

 【設定】
 あなたは『彼女』と結婚寸前の仲。両親へ挨拶をしにいく前に、2人でまったりと家呑みをしています。
 彼女は呑むと焼きもちさんになる性格。あなたがオナホールを使っていた事を知って、私とどっちが気持ちいのかと詰め寄って……。
 オナホールを使った手コキ、フェラチオ、本番エッチが楽しめます。

 【特徴】
 結婚間近の2人…という、安心感のある関係性が最大の特徴です。怒っている彼女も、本気で怒っているというよりも、じゃれあっている…という感じで、『お互いが信頼しあってる』という雰囲気が作品を通じて感じられます。

 【声優】
 酔ってくると焼きもちさんになる彼女を、五十嵐ナナコさんが演じています。

 【気になった点】
 強いてあげるなら、甘々な設定なのに射精回数が多い(3回)所でしょうか。

 【まとめ】
 甘々で安心できる設定が好みなので、とてもいい作品でした。オナホールを使っている事に対して詰め寄られる展開もありますが、それも『じゃれ合っている』程度で、基本的に両想いな感じが伝わってきます。
 プレイ自体もほぼノーマルで、彼氏彼女の雰囲気を味わう事ができます。
 アダルト音声を聞き始めるなら、このあたりからスタートすると良いかもしれません。



ほろ酔い彼女は焼きもちさん
ほろ酔い彼女は焼きもちさん


☆関連記事

 ○『ほろ酔い彼女は肉食系』レビュー
 ○『抜き抜きしてからゆっくりお休みできる安眠音声』レビュー
 ○ デートに連れてけと迫りまくる後輩 レビュー

『ヤンデレメイドに愛されてしまう音声』レビュー

ヤンデレメイドに愛されてしまう音声


ド直球・ド強烈なヤンデレです…

 さて、今回も「以前からダウンロードしていたけど、聞きそびれていたシリーズ」(何作あるんだか…)からの一作、『ヤンデレメイドに愛されてしまう音声』をレビューします。
 いや、これはなかなか強烈です…。

 【設定】
 あなたを愛して止まないメイドさん。あなたが帰ってくると、電車で偶然付いてしまった僅かな香水の匂いから女の存在を勘繰りはじめます。
 また、彼女はあなたの『疲れて今日は早く寝たい』という言葉にも、女の存在を勝手に想像してしまい、我慢の限界に。
 嫉妬深いメイドさんは、自分のものだけにしたいと貴方に襲い掛かり…。
 強制的なフェラチオ、中だしエッチを体験する事ができます。

 【特徴】
 強烈なヤンデレ要素に尽きます。今まで聞いた作品の中でも、群を抜いています。

 【声優】
 自分を愛して欲しいという思いが、ヤンデレまで達したメイドさんを誠樹ふぁんさんが演じています。

 【気になった点】
 次の【まとめ】で詳しく記述しますが、この作品の設定自体が、個人的には苦手でした。クオリティに関しては文句なかったのですが…。

 【まとめ】
 きついヤンデレは、自分に向いていない…と思ってしまいました。
 今まで効いた作品にもヤンデレ属性が結構ありましたが、そのどれもが
 『最終的には誤解が解ける』展開だったり『ヤンデレな所を含めて、こちらが愛してあげる』展開だったり『ヤンデレというフリをしていた』展開などなど…、何かしらの救いがあるオチが付いていました。
 それに比べると、今回のヤンデレに関しては救いのある展開ではありません。最後までなかなかキツイ展開が続きます。
 向き不向きが大きく分かれる作品ですが、クオリティは素晴らしいものがあります。『かなり強めのヤンデレOK』という人は、チャレンジしてみてはどうでしょうか。



ヤンデレメイドに愛されてしまう音声
ヤンデレメイドに愛されてしまう音声


☆関連記事

 ○『天使の悪堕ち 激甘エッチと激エロ交尾』レビュー
 ○デートに連れてけと迫りまくる後輩 レビュー
 ○ 「カウパー汁をゴクゴク飲む女 ~声遊戯祭 第四弾 Yu-Nah編~」レビュー

『立体音響♪シロクマ耳かき店へようこそ!』レビュー

立体音響♪シロクマ耳かき店へようこそ!


こんなお店、どこかにある……よね?(願望)

 さて、今回も「以前からダウンロードしていたけど、聞きそびれていたシリーズ」の1つ「立体音響♪シロクマ耳かき店へようこそ!」のレビューをお送りします。
 DLsiteのセール中に、とりあえずまとめて買っておく→気が向いた時にボチボチ聴き始める→というサイクルが多いので、何故か聴きそびれてしまう作品がいくつか存在しているわけで…。
 余りにももったいないので、今後数回のレビューで聴きつくしたいと思っています…。

 【設定】
 シロクマ耳かき店とは、『自宅に居ながらお手軽に耳かき気分を味わえる…』というコンセプト。
 今回はその18歳以上のキャンペーン…という設定になります。
 まずは、女の子の生足に膝枕してもらいつつ、両耳のお掃除。そこから、胸のお触り、両耳を舐められる音声を聞かされた上でのフェラチオ、その後のエッチを楽しむ事ができます。

 【特徴】
 リアリティ…でしょうか。声質や、耳かき音、その後のエッチな展開も、『実際にこんな店があるかも』というリアリティを感じました。なので、頭の中で思い描いた女性は、アニメチックではなく、3次元の女の子でした。

 【声優】
 明るく、エッチな女の子を伊ヶ崎綾香さんが演じています。

 【気になった点】
 主人公(自分)の行動が随分アグレッシブだったので(膝枕をするなり、女の子の浴衣の裾をめくってみたり…等)、『自分だったらこんな事は出来ないなぁ』と、少し違和感を感じてしまいました。
 個人差の範囲内なのですが…。

 【まとめ】
 アダルト音声・催眠音声と言えば、『耳かき物』というのが1つのジャンルとして根付いていると思います。ただ、自分は『耳かきだったら実際にやった方がいいだろうし…』という形で、敬遠気味でした。(剣士が耳かきをする…という少し変わった作品は聴いた事がありますが…)
 で、今回。
 耳かき自体はそれほど気持ち良い…という物ではなかったのですが、生足での膝枕と、下乳があたる…という設定にやられてしまいました。
 その状態での耳かきが丁度良い『焦らし』になり、その後の展開にのめり込めます。
 特に良かったのは、最後のエッチ。『エッチは禁止』という規則を破っての行為になっているので、背徳感が半端ないです。
 そして、お値段(432円)も収録時間もコンパクトにまとまっているのも良い感じです。
 気軽に楽しむアダルト音声として、オススメです。


立体音響♪シロクマ耳かき店へようこそ!
立体音響♪シロクマ耳かき店へようこそ!

☆関連記事

 ○【耳かきエッチ幻想譚】剣乙女の御持て成し性儀!【安眠催眠風】 レビュー
 ○『【耳かき幻想譚】長刀乙女の御持て成し尽し!【安眠催眠風】』レビュー
 ○ 甘えさせてくれる女性 ~寝たままで良いよ?~ レビュー

『ささやき庵 蜜香』レビュー

ささやき庵 蜜香


掟破りの一作!!

 今回も「以前からダウンロードしていたけど、聞きそびれていたシリーズ」の1つ「ささやき庵 蜜香」のレビューをお送りします。当ブログでよく取り上げている、ささやき庵シリーズですよ、皆さん(笑)。

 【設定】
 今回の小町は、明るく元気な蜜香(みか)。あなたは既に何度も通った常連で、蜜香はあなたに好意を抱いています。そんな中、蜜香は小町としての勤務が最後だと告げて、夢の世界へと誘います。
 夢の中での蜜香は、猫のコスプレに身を包み、猫語を話します。そこでのプレイは、あなたにチョコレートソースを塗っての舐めプレイ。そして、フェラチオの時にはお互いのパンツを取り替えるプレイもあります。
 夢から醒めると、いつもの蜜香。最後という事で、ささやき庵では禁止事項となっているエッチを求めてきます…。

 【特徴】
 猫語、チョコレートソースを使ったプレイ、パンツを穿き替える…というライトな変わり種プレイを楽しめます。

 【声優】
 元気でかわいい女の子を、野中みかんさんが演じています。

 【気になった点】
 パンツ好き…という部分が、少し余計な要素に感じてしまいました。特に『全身のあちこちにチョコソースをかける』と『パンツを穿き変える』という部分で、『下着にチョコがつかないだろうか?』のような事を考えてしまいました…。

 【まとめ】
 今までささやき庵に関しては、『夏希』『牡丹』『琥珀』の3シリーズを聴いてきたのですが、そのどれとも違う、良い意味での変わり種の作品でした。
 まず、『主人公に対して好意を持っている』上、『今回でお別れ』という設定から始ります。これで、グッとハートを鷲掴みされてしまいます(笑)。
 夢の中でのプレイも『体のチョコソースを舐めてもらう』プレイと『パンツを取り替える』という少しマニアックなもの。この程度であれば全く受け付けない…という人は少ないと思うので、ライトなマニアックプレイが楽しめます。
 そして、最大の変わり種は、夢から醒めた後の『現実世界でのエッチ』でしょう。ささやき庵ではNGとされている行為です。
 このシリーズ、各キャラクターが『実際のエッチ』という絶対に越えられない一線に近づくて行く…という形で作品が続いているような気がするのですが、蜜香はあっという間にポンと飛び越えています。ささやき庵は他にも数多くのキャラがいるので断言はできないのですが、これはかなり特殊な事だと思います。

 実は、この蜜香シリーズ。1~3までの作品がパックになっているそうです。自分はパック前に買ってしまったのですが、パックだとかなりお安くなっているようで…。ささやき庵が好きな人なら、パックでの購入がオススメです。
 自分は、地道に2・3と買い進めたいと思います。


ささやき庵 蜜香 壱弐参
ささやき庵 蜜香 壱弐参

☆関連記事はこちら

 ○『ささやき庵 牡丹』レビュー
 ○『ささやき庵 琥珀』レビュー
 ○『和み隠れ家 あまえた楼 夏希』レビュー

 




最新記事


















他サイト様の注目記事
催眠音声新作
  • ライブドアブログ