ささやき庵 牡丹 参

意外な素顔に、どハマリです。



 ちょっとしつこいかもしれませんが、以前レビューした『ささやき庵 牡丹』の第3弾『ささやき庵 牡丹 参』をお送りします。アダルト音声系の作品で、時系列を追って聞き進めたのは、実は始めてだったりします…。

 【設定】
 舞台は、以前とうって変わって、オムニバスのような形で話が進みます。
 1つ目の舞台あなたの部屋。カニパーティに招待した、牡丹と琥珀(ささやき庵の別キャラのようです)とで鍋を囲みます。ここでは口移しというライトなエロ展開のみで、パーティを純粋に楽しみます。
 2つ目の場面は、看病パート。あなたが風邪で苦しんでいると、牡丹さんがお見舞いに来てくれます。ここでも、『全身をタオルで拭いてくれる』という、ちょっとしたエロ展開はありますが、あくまでメインはちょっと文句をいいつつも優しい、牡丹さんのやり取りを楽しめます。
 3つ目がいつも通りのささやき庵。ここでは夢の中での『暑い部屋での汗だくでのエッチ』を楽しめます。そしてその後は恒例の…。

 【特徴】
 以前には無かった、『素の牡丹さん』を味わう事が出来ます。今まで、ささやき庵という、『特殊な部屋で、アンニュイな雰囲気を漂わせているミステリアスな女性』だったのが、
 カニパーティで喜んだり、しゃっくりを起こして慌てたり、看病の時にちょっとすねたり……という、普通の女の子の部分が満載です。
 その『フリ』があるので、後半のHパートが非常に没頭できる作りになっています。

 【声優】
 今までと同じく、大人の色気漂う牡丹さんを、小粋さんが演じています。

 【気になった点】
 良くも悪くも、『後半にHパートがある』という所でしょうか。人によってはもどかしさを覚えるかもしれません。

 【まとめ】
 シリーズを通して聞いているので、
 『余裕のある、ミステリアスな女性』だと思っていた牡丹さんの、意外な別面が見れた…というのは嬉しい所です。
 単なるお客と言う関係から、ちょっと進んだ関係になれたかも…という安心感があり、その後の汗だくエッチにとてもハマれます。
 そして、カニパーティに来ていた琥珀さんも気になりました(笑)。こうやって、他のキャラクターのクロスオーバーがあり、どんどんハマッっていくと言う事で…。
 もし興味がある方がいたら、是非、シリーズの最初から聞き進めていく事をオススメします。


ささやき庵 牡丹 参
ささやき庵 牡丹 参


☆関連記事

 ○『ささやき庵 牡丹』レビュー
 ○『ささやき庵 牡丹 弐』レビュー
 ○ 『ささやき庵 牡丹 肆』レビュー