田舎のボクっ娘幼馴染と… -セックスの練習-


ボクっ娘……いいよね

 『ささやき庵』シリーズにあまりに偏り始めてきたので、次なるシリーズを探索して見つけた一作、『田舎のボクっ娘幼馴染と… -セックスの練習-』のレビューをお送りします。

 【設定】
 舞台はあなたの部屋。あなたの幼馴染であるボクッ娘が部屋を訪れ、彼女にせがまれてオナニーをすることに…。
 自分のオナニー、彼女のオナニー、疑似セックス、本番セックスと段階を踏んで楽しめます。

 【特徴】
 ボクッ娘のキャラクターに尽きます。性的な知識がないけれど、あなたに淡い好意を持っていて、何とか頑張る…という、いじましさが素晴らしいです。

 【声優】
 ボクっ子の揺れ動くの心の機微を、悠木藍香さんが演じています。

 【気になった点】
 比較的リアルな展開の作品なので、唯一気になってしまったのが射精音。
 これは意見の分かれる所だと思いますが、射精音は『普通のセックスでは聞こえない音』なので、これが入ってしまうとリアルな感じが薄れてしまうような…。

 【まとめ】
 『性的サービスのプロである小町達』のささやき庵シリーズから、この作品を聴くと、ボクッ娘のウブでいたいけな雰囲気に、とんでもない落差を感じてしまいます(笑)。
 性的な事が恐いけれど、あなたのために頑張る…という健気な感じが非常に良い感じです。また、普段の話し方が男らしいのに対し、感じ始めると色っぽい声をあげる【ギャップ】もたまりません。
 アダルト音声好きなら押させておいて損は無いでしょう。


田舎のボクっ娘幼馴染と… -セックスの練習-
田舎のボクっ娘幼馴染と… -セックスの練習-


☆関連記事

 ○デートに連れてけと迫りまくる後輩 レビュー
 ○『ネル子とささやきえっち』レビュー
 ○ 『ほろ酔い彼女は肉食系』レビュー