天使の悪堕ち 激甘エッチと激エロ交尾


コントラストが最高です

 今回は前半は天使との甘々エッチ、後半は堕天使からの調教エッチを受けられる‥という、思い切り正反対の要素が詰まった一作『天使の悪堕ち 激甘エッチと激エロ交尾』のレビューです。

 【設定】
 あなたは、あなたに対して好意を持っている天使にエッチをしたいとお願いしますが、断られてしまいます。その代り‥という事で、フェラチオ・腋コキと少しマニアックなプレイで奉仕してくれます。しかし、とうとうセックスを許してしまった天使は堕天使となって‥。
 堕天使となってからのプレイは、女性上位の調教もの。
 フェラチオ・足コキ・セックスは、どれも堕天使が中心となって、あなたが射精をしても許してはくれません……。

 【特徴】
 優しいエッチと調教エッチと言う、正反対の体験が出来ます。1人のキャラクターが両方を受け持っているので、話的なつながりも楽しむ事ができます。

 【声優】
 Mっぽい天使、Sっぽい堕天使の声を、山田じぇみ子さんが演じ分けています。

 【気になった点】
 特に無し

 【まとめ】
 『自分に対して好意を持ってくれる前提で、いじめられる設定』というのがとにかく好きなので、この作品の後半部分『堕天使による調教』が正にジャストな感じでした。
 特に良かったのが、効果音。舐める音や体液が擦れる効果音がそれほど大袈裟では無く、それでいてエッチで、世界に没頭する手助けをしてくれます。
 ストーリー的にも後味が悪くならないように、フォローするトラックがあるのも嬉しい所。
 個人的には至れり尽くせりの一作でした。少しマニアックなプレイがお好きな方なら、是非是非オススメしたい作品です。


天使の悪堕ち 激甘エッチと激エロ交尾
天使の悪堕ち 激甘エッチと激エロ交尾


☆関連記事

 ○『サキュバス図鑑 No.01 トルリカ』レビュー
 ○『まものっ娘ボイス~ロリババアに拘束されたまま射精管理され何度も精液を絞り取られちゃう1日~』レビュー
 ○ 『魔境人境淫語 人外娘と痴女の囁き Vol.6 フェラチオ・スペシャル』レビュー