おねえさんが可愛がって あ・げ・る ~あまぁく責められちゃうバイノーラル!~


 今回は、エロいお姉さんに突然声を掛けられて…という1作『おねえさんが可愛がって あ・げ・る ~あまぁく責められちゃうバイノーラル!~』のレビューをお送りします。

 【設定】
 あなたはプールで、綺麗なお姉さんを見かけます。ついつい視線を送っていると、お姉さんがそれに気づきます。
 怒られるかと思いきや、2人はシャワールームに入って……。
 シャワールームでの手コキ。
 電車での逆痴漢プレイ。
 お姉さんの部屋でのフェラチオを楽しむ事ができます。

 【特徴】
 お姉さんからとことん『可愛がられる』という設定に尽きます。女性に身を任せたい…という人向けです。

 【声優】
 妖艶で綺麗なお姉さんを、野上菜月さんが演じています。

 【気になった点】
 ストーリーの構成で、ちょっと気になる所があったのですが……詳しくは【まとめ】にて。

 【まとめ】
 この作品は、大きく分けると3つの話に分かれます。
 1つ目は、
 『見知らぬお姉さんにシャワー室に連れて行かれ、手コキをされる』という話。
 2つ目は、
 『電車の中で逆痴漢をされて、密着状態からのパンツコキをされる』という話。
 最後は、
 『お姉さんの部屋に連れて行かれ、フェラチオをされる』という話。
 
 1つ目、2つ目の話は個人的に、かなりドストライクな設定です。
 『可愛がられる(優しく責められる)』と言う設定に加え、『外でエロ行為をしている』というドキドキ感がプラスされています。
 また、2つ目の作品は『後ろから密着されている』という設定になっているのですが、そこがバイノーラル録音でキッチリ表現されています。

 それに比べると、ちょっと3つ目の話の設定が『弱い』と感じてしまいました。
 もちろん、綺麗な女性の部屋でフェラチオをされる…と言うのは、良い設定ですし、その臨場感は抜群です。
 ただ、『電車で密着されてパンツコキ』に比べると、少しパンチに欠けるのは否めないでしょう。
 ここでもう一捻りがあれば、ベストな終わり方になったと思います。

 ただ、もちろん1つ1つの話を単体で見れば、本当にクオリティが高いです。『お姉さんから可愛がられたい』願望のある人は、一度試してみてはいかがでしょうか。


おねえさんが可愛がって あ・げ・る ~あまぁく責められちゃうバイノーラル!~
おねえさんが可愛がって あ・げ・る ~あまぁく責められちゃうバイノーラル!~


☆関連記事
 (お姉さんから責められたいあなたには…)
 ○【アダルト音声】『淫語なおねえちゃん03 僕を貪さぼるおねえちゃん』レビュー
 ○『ささやき庵 牡丹』レビュー
 (少し特殊な場所でのエッチが好きなら…)
 ○ 【アダルト音声】『外の皆に聞こえちゃう…』恥ずかしがる彼女も愛するあなたの鼓動を感じて徐々に蕩け顔に-』レビュー
 ○ ちょっと変態な双子の姉妹と温泉旅行に行こう レビュー